Archive for the ‘未分類’ Category

個人取引の問題点

自動車を個人的に誰かに売買しようと思っているのであれば、注意しなくてはなら

 

ないような問題点はどのようなものがあるのでしょうか。

 
個人売買をした方が、自分の手元に入ってくるお金が多くなる傾向にありますの

 

で、個人的に売りたいと思ってしまうものです。

 
しかしなんらかのトラブルなどが起こってしまった場合には、結果的に損をしてし

 

まうようなことも起こる可能性がありますので、そうならないようにしなくてはなりま

 

せん。

 
そこでどんな問題点が起こる可能性があるかというと、売ってからすぐに自動車に

 

故障などのトラブルが起きてしまった場合です。

 
そういった時には、買い手側からしてみると騙されたという風に思ってしまう可能

 

性もありますので、そうなった時にはどのように対応するかというのを事前によく話

 

し合っておくといいでしょう。

 
そしてその話し合った内容などは、文書にして残しておくことです。

 
そうしなければ、言った言わないといったトラブルになりかねません。

 
ですのでそういった事が起こらないようにするためにも、大事なことに関してはきち

 

んと文書にして残しておくようにしましょう。

 
そうすればトラブルになることもなく、気持ちよく売買をすることが出来るようになる

 

はずです。

知人と直接取引する

保有している自動車を手放そうと思っているのであれば、中古車取扱い店に買い

 

取ってもらったり、次に新しく購入する車の下取りにしてもらうといった方法が一般

 

的ではあります。

 
しかしそれ以外にも出来るのが、知人に個人売買するという事なのです。

 
大切に乗ってきた車を知人にのってもらえるのであれば、自分の身近に大事にし

 

ていた車があるようになりますので、嬉しいものではあります。

 
しかし知人に買い取ってもらうということは、いろいろとしなくてはならないことがあ

 

るのです。

 
まずは、価格の交渉があるでしょう。

 
お互いが納得いく金額で合意することによって、そこから手続きを始めていかなく

 

てはなりません。

 
例えばどんなことがあるかというと、お金の支払いの仕方なども決める必要があり

 

ます。

 
いくら昔からの中だったとしても、一番安心な方法としては、一括で全額支払って

 

もらう事です。

 
そうしなければ、万が一支払ってくれなかったときが大変です。

 
ですので、支払方法を決めることも必要になります。

 
それ以外にも様々な書類による手続きがあります。

 
例えば、名義変更などもその一つです。

 
これらの手続きをきちんとすませておかなければ後々面倒なことが起きてしまうこ

 

とがあるかもしれませんので、確実にすませておく必要があります。

オークションでの取引で気をつけるべきこと

オークションでの取引で気をつけるべきことは相手が見えない取引になります。

 

ですから相手が過去にどれだけ取引を行ってきたか、評価の項目があれば参考

 

にすると良いでしょう。他にも注意点はあります。実車を見ないでの取引になりま

 

すと文章や写真だけの判断になりますから実際落札してみてからアレコレと不具

 

合箇所が見つかったりすることがあります。

 

非常に細かい事を気にする方や保障を求める方についてはこのような取引方法

 

は望ましくありません。基本的に返品、返金は出来ないと思っておいた方が良い

 

でしょう。自己責任で買う方も売る方もこの場へ出てきます。暗黙の了解ではあり

 

ませんが、目利きが必要ということも大切ですが、妥協できる範囲も合わせて持ち

 

合わせていなければ気持ちい取引が出来ないでしょう。

 

注意点は程度の問題もありますが、相手側が新規の取引ですと過去の事情がわ

 

かりませんのでリスクが高まります。

 

可能性は0ではありませんが詐欺に合ってしまう事も考えられますので注意が必

 

要です。また、運営側で詐欺やトラブル対策が何かしらされているか確認してみ

 

たほうが良いでしょう。完全な放任主義の運営サイトでは取引しないのが前提で

 

す。安心して利用する為にもご自身で情報収集は行いましょう。

相場を考慮してオークションサイトでの取引

新車購入する場合は、各メーカの車販売会社のショールームで実際の車を確認

 

し、試乗をして商談をして購入します。中古車の場合も、中古車販売店で実際の

 

車を確認して商談後購入します。

 
実際、中古車の価格は、各メーカーの種類、年式、走行距離、破損具合、車体色

 

によって分別され、車の購入金額の相場が決まっています。

 
中古車の購入の入り口が、ホームページ、中古車雑誌であれ、金額の相場がある

 

程度決まっています。

 
中古車販売店では、通常一般の人から、車を買取り、それを整備し販売をしてい

 

ます。

 
それだけでは、車の販売台数が足りませんので、カーオークションで車を仕入れ

 

て、利益を上乗せして販売をしています。

 
最近は、このシステムを利用して、小規模な店舗(ガソリンスタンド、ホームページ

 

上)で中古車販売をしています。

 
この販売のメリットは、一般的な中古車販売店には、家賃、広告費等の経費が発

 

生してしまいます。

 
その分を仕入れた車に上乗せして、利益を乗せて、販売価格を決定しています。

 
その上乗せ分が少ない小規模店舗は、経費が掛りませんので、販売価格を下げ

 

ることが出来るのです。

 
このように、一般的な中古車の販売金額と違う相場で安く販売するこが出来るの

 

です。

 
販売するほうのメリットと購入するほうのメリットが両立したシステムです。

 

専門業者に売却する場合のデメリット

車を処分する方法の一つとして、買取専門業者に買取ってもらうという選択肢が

あります。

 
一般的にはディーラーよりも高く買取ってもらう事ができますので、高く売りたい時

 

に便利というメリットがあるのですが、その一方でデメリットもあります。

 
どんなデメリットがあるのかと言いますと、まずは業者によって買取価格に大きな差

 

が開く事があります。

 
業者ごとに得意分野や在庫状況など違いますので差が開くのは当然ですが、そ

 

れゆえにしっかりと査定価格の比較をしてから売るようにしないと損をする事にな

 

るのです。

 
その為、高く売る為には色々な業者に査定を依頼し、比較をしなければならない

 

という手間が掛かります。

 
業者に売る場合は移動手段が無くなってしまう事があるというデメリットも挙げられ

 

ます。

 
時には売買契約を結んですぐに引き渡しをしなければならない事もありますの

 

で、新しい車を用意しておくなどの対策をしないと、しばらくの間、車が無い状態

 

になってしまう事もあります。

 
他にも信頼のできない業者が存在するというデメリットもあります。

 
例えば難癖を付けて安く売らせようと考えている業者も少なからず存在します。

 
もちろん業者をきちんと見極めれば良いのですが、見極める力がある方ばかりで

 

はありませんので、そういった業者を利用して損をする事もあります。

ディーラーよりも高く売りたいなら専門業者へ

車を購入する場合には大抵の場合古い車を処分する事になりますが、その際に

 

は誰しも高く売りたいと考えるものです。

 

 

その為にはディーラーは避けた方が無難と言えます。

 
なぜディーラーを避けた方が良いのかと言いますと、それは買取価格が安い事が

 

多いからです。

 
ディーラーの場合ですと販売ルートが狭い場合が殆どですので、顧客から下取り

 

をしても販売するルートが狭く、大きな利益を出す事ができません。

 
その為、どうしても安い査定価格しか付けてもらう事ができません。

 
また、ディーラーの場合はオプションに価値を付けてくれないという理由もありま

 

す。
通常は独自の査定価格表を元に買取価格を算出しますが、査定項目にオプショ

 

ン等は含まれていませんので、どんなに人気のホイールやカーナビなどを取り付

 

けていても、それによって高値になるという事が無いのです。

 
では、高く売る為にはどうしたら良いのかと言いますと、その為には買取専門業者

 

を利用する事が大切です。

 
専門業者の場合ですと、全国に販売ルートを持っている事がありますので、仕入

 

れた車を高く売る事ができますし、さらに販売ルートが広い為、在庫を抱えてしま

 

うというリスクも小さくなります。

 
その為、高値を付けてもらい易くなります。

 
他にもホイールなどにもきちんと価値を付けてくれるというメリットもあります。

ディーラーに売る場合の問題点

新車を購入する際にはディーラーを利用するのが一般的ですが、その際には古

 

い車を下取りに出す事があります。

 
下取りというのは購入と同時に買取をしてもらって古い車を処分する方法ですが、

 

買取価格分を見積もりから引いてもらう事ができますので、その分新車を安く購入

 

する事ができます。

 
また、購入と同時に買取をしてもらう事ができますので、手間が掛からないというメ

 

リットや納車されるまで古い車に乗り続ける事ができるというメリットもあります。

 
しかし、メリット以外にもデメリットもあります。

 
それは一般的な中古車買取業者よりも安い買取価格になってしまうという事で

 

す。

 
中古車買取業者と違い販路が狭い場合が殆どですので、どうしても広い販路を持

 

っている買取専門の業者よりも安い買取価格になってしまいます。

 
しかしながら、交渉する事で買取価格をアップしてもらう事もできます。

 
その際にはただ単にもっと高く買取って欲しいと伝えてもあまり交渉の効果はあり

 

ませんので、高く買取ってくれたら新車を契約するという位の気持ちを伝える事が

 

大切です。

 
他にもデメリットとしては、オプションパーツに価値を付けてくれないという事も挙

 

げられます。

 
人気ブランドのホイールなどを装備していても買取価格に反映してくれませんの

 

で、取り外して別で売った方がお得になる事もあります。

買い替えのタイミングならディーラーへ

車を買い替える場合、納車までの期間を計算に入れる必要があります。というのは、

 

人気車になると納車までにかなり時間がかかることがあるからです。

 

また、2月から3月などの決算セール期間に合わせて買い換えると、値引きが大き

 

くなることが多いようです。このように買い替えのタイミングを良く考えながら、ディ

 

ーラーに行くことが大切です。新車を購入する場合、それまで乗ってきた中古車

 

を下取に出すのか、それとも買取業社に売るのかを決めなければなりません。

 

下取のメリットはとても楽だということです。しかし、下取価格があまり高くないという

 

デメリットがあります。また値引き額の中に織り込まれて、ごまかされてしまうことも

 

あります。それに対して、買取業社の場合は、高値で売ることができるのがメリット

 

です。その分を新車の購入資金の足しにすることができます。デメリットはやや交

 

渉が面倒という点です。買取業社に高く買い取ってもらうには、それなりの交渉術

 

が必要です。たとえば、一社だけではなく数社から見積もりをとり、競合させること

 

で買取価格を引き上げていきます。多少面倒な部分もありますが、大切に乗って

 

きた愛車を少しでも高く買ってもらえた時はうれしいものですよ。

買い手がなくても廃車にするその前に

廃車寸前の車の場合ですと、多くの中古車買取業者は買取を行ってくれません。

 
しかし、中古車買取業者によっては廃車買取をしてくれる事もありますので、諦め

 

ずに買取ってくれる業者を探してみる事が大切です。

 
因みになぜ廃車寸前の車でも買取ってくれるのかと言いますと、例えば部品やパ

 

ーツに価値があるからです。

 
たとえ廃車寸前でも部品などの再利用が可能な場合がありますので、そういった

 

部分に価値があります。

 
特に海外では需要がありますので、時には高く買取ってもらえる事もあるのです。

 
買取をしてくれる業者が見付かったら早めに行動する事が大切です。

 
いつまでも放置してしまうと価値が無くなってしまう事がありますし、特に事故など

 

を起こした車の場合は電気系統が露出していたり、ボディに隙間が発生しており、

 

そういった部分から雨が侵入して状態が悪くなってしまいます。

 
状態が悪くなると買取不可になってしまう事もありますので、早めの行動を心掛け

 

る必要があります。

 
複数の中古車買取業者が見付かった場合は比較をしてみる事も大切です。

 
業者ごとに査定価格の付け方は違っていますので、それぞれから査定をしてもら

 

い高値を付けてくれる方に買取ってもらうと良いでしょう。