ディーラーに売る場合の問題点

新車を購入する際にはディーラーを利用するのが一般的ですが、その際には古

 

い車を下取りに出す事があります。

 
下取りというのは購入と同時に買取をしてもらって古い車を処分する方法ですが、

 

買取価格分を見積もりから引いてもらう事ができますので、その分新車を安く購入

 

する事ができます。

 
また、購入と同時に買取をしてもらう事ができますので、手間が掛からないというメ

 

リットや納車されるまで古い車に乗り続ける事ができるというメリットもあります。

 
しかし、メリット以外にもデメリットもあります。

 
それは一般的な中古車買取業者よりも安い買取価格になってしまうという事で

 

す。

 
中古車買取業者と違い販路が狭い場合が殆どですので、どうしても広い販路を持

 

っている買取専門の業者よりも安い買取価格になってしまいます。

 
しかしながら、交渉する事で買取価格をアップしてもらう事もできます。

 
その際にはただ単にもっと高く買取って欲しいと伝えてもあまり交渉の効果はあり

 

ませんので、高く買取ってくれたら新車を契約するという位の気持ちを伝える事が

 

大切です。

 
他にもデメリットとしては、オプションパーツに価値を付けてくれないという事も挙

 

げられます。

 
人気ブランドのホイールなどを装備していても買取価格に反映してくれませんの

 

で、取り外して別で売った方がお得になる事もあります。