専門業者に売却する場合のデメリット

車を処分する方法の一つとして、買取専門業者に買取ってもらうという選択肢が

あります。

 
一般的にはディーラーよりも高く買取ってもらう事ができますので、高く売りたい時

 

に便利というメリットがあるのですが、その一方でデメリットもあります。

 
どんなデメリットがあるのかと言いますと、まずは業者によって買取価格に大きな差

 

が開く事があります。

 
業者ごとに得意分野や在庫状況など違いますので差が開くのは当然ですが、そ

 

れゆえにしっかりと査定価格の比較をしてから売るようにしないと損をする事にな

 

るのです。

 
その為、高く売る為には色々な業者に査定を依頼し、比較をしなければならない

 

という手間が掛かります。

 
業者に売る場合は移動手段が無くなってしまう事があるというデメリットも挙げられ

 

ます。

 
時には売買契約を結んですぐに引き渡しをしなければならない事もありますの

 

で、新しい車を用意しておくなどの対策をしないと、しばらくの間、車が無い状態

 

になってしまう事もあります。

 
他にも信頼のできない業者が存在するというデメリットもあります。

 
例えば難癖を付けて安く売らせようと考えている業者も少なからず存在します。

 
もちろん業者をきちんと見極めれば良いのですが、見極める力がある方ばかりで

 

はありませんので、そういった業者を利用して損をする事もあります。